母チームメイトたちといったLunch

わたしは、女後押し6奴といった種類を作り、ひと月一時ランチをめぐっています。

小児の形式などで参戦できないこともありますが、ほとんどは6奴そろい、2時間上記対談しています。

ランチのお店を決めるのは当番制だ。

額は1000円から高くても2000円までとしているので、ある程度限られる所もあります。

6奴いるので、6回に1回はいくお店を決める番が回ってきます。

そのときは、みんなが気に入ってくれるかどうかが心配で、至極思いを使います。

そうでないときは思いが楽で、誠に楽しめます。

いつまで貫くかわからないけれど、できればこういう女後押しの輪を大切にしたいだ。

先日はまっておること

ウィークデーの昼、2年代の幼児と過ごしているんですが、プレイも活発になってきて、気持ちいいうちに外側で遊ぶ四六時中だ。

正午を食べるとお昼寝時間だ。

2時刻状況ですが、その時間は一家は極力せず、自分の時刻を楽しむようにしています。

最近はラジオを聴くことにはまっています。

何かをしながら耳だけはラジオに没頭、地元の風説や最近ではラジコで全国のラジオも聴けるようになり、もう一度やりがいが増えました。

それでも必ず地元のラジオが一番楽しくて、1パーソンで笑うこともしばしばです。

テレビだと拳固もカラダも止まってしまいますが、ラジオだとほかの進め方もでき、ほんとにおすすめです。

卵かけ食事

近年、マンションでは卵かけ食べ物が大流行しています。

今頃イメージが半端ないかもしれませんが、一言に卵かけ食べ物といっても人それぞれで取り扱う香味料や付け合せが違うと思います。

マンションでは、熱々のごはんに冷やした卵をかけて白だし、味の素をかけて食べます。

ごま油を少しだけプラスしても旨いですよ!

納豆があればそこに納豆も継ぎ足しちゃいますし、味付け海苔があれば卵かけ食べ物を巻いて食べます。

そういえば前にTVで見たのですが、生の卵が食べられるのはそれほど我が国だけで、ほかの国の顧客はサルモネラ菌で食中毒になる可能性が高いので火としてから採り入れるそうです。

毎朝卵かけ食べ物を食べられる件に少しだけ至福を感じている最近だ。

高校になった途端に出費だらけ

嬉しい悲鳴はこういうことかもしれません。

ハイスクール受験に受かり晴れてこの春からハイスクールになった乳児ですが、男児だけに食べっぷりも半端なくお弁当が大変です。

2段弁当で下部は飯にごま塩をふりかけて、上には惣菜を詰めている。

これだけでは足りないらしく、ブレイクタイムに採り入れるおにぎりも持って行きます。

これだけで弱く1合以上は消え去り、他に朝夕の飯も考慮すると今年はお米の減りがまだまだだ。

お弁当の分だけ減っているのでしょうね。

小中までは給食費を支払っていましたが、今のお弁当にかかるエキス費はそれ以上に因ると感じます。

これも健康である裏付けと捉えなければいけませんね。

スニーカー整頓

先日、京都トリップに行きました。

マキシスカートやスキニーにサンダルを合わせて言うんですが、いとも寸法があったのでものすごい疲れました!

はじめは駆けやすいようにスニーカーを買ったのですが、今までスニーカーをほとんど履く機会がなかったので、どんな風にコーディネートしたらいいのかとことん分からず…

原則おなじみのサンダルとしてしまいました。

トリップを終えた今になって、スニーカースタイルの研究インサイドだ。

いまいちカジュアルになりすぎても不満ですが、スカートと合わせてもたいして良いですね!

スニーカー母親はダディー客受けも好ましい、なんて概要もあったので、もうすぐ磨きをかけていこうと思います!

スキンケアにおいて

私のスキンケアは、美顔容器を使い行います。

30代後述なので、コスメだけでは限界を感じるからです。

四六時中養育に追われて随分お忙しいときもありますが、お肌を磨き、自負がついて幸せなチャンスを寛げるようにしています。

また四六時中、お肌を磨き地雷まで磨いていきたいだ。

ハイカラも好きなので、奥さんになってもハイカラで綺麗に生まれ変われるように年中がんばってます。

また、四六時中素敵な夢をもてるように、なんにでも興味を持ち、何にも挑戦していきたいですし、心にパッションを多数持てるようにしたいし、年中明るく努力しています。

習い事

亭主にすすめられて、テニスアカデミーに通い始めました。

大人になってからは初めてとなる習い事だ。

超ノンプロなのでトレーニングは45分といった短く、無料の託児もあるので2年代の乳児を連れて行っても安心です。

亭主は先輩なので、中プロフェショナルのクラスに通っていますが、共通の趣味が新しく増えたのは相当良かったです。

随時お母様に遊びに来てもらった時にひとときをもらって亭主といった2人でテニスを楽しんでいます。

ぼくが引き続き下手なので、ストロークもままならないですが、でもトレーニングに通う前とこれからはちっとも違う。

亭主も先方が出来て嬉しい感じで、ボールを買い足して医者直感で提議しながら教えて貰える。

乳児がラケットを持てるようになったら一緒にテニスアウターを走りたいと思います。