ホッチキスを変えてみた

いつも使う文房具を少々嬉しい物に乗りかえるだけで甚だ進め方が変わるものですね。

今日、ホッチキスをドイツの一番技量を通じて作られた(?)という物に臨みました。

お値段誠に2000円!

小気味よい力でかなりのボリュームを止まるのがメリットだそう。

きちんと大量に断ち切るようなオペレーションはしないのでいざどうなのかは分かりませんが、普通取り扱う時にも小気味よい力でグイグイ留まるのでこれがいとも穏やか。

幾らか著しいのが欠陥ですけどドイツらしき配色も愛する。

100円共通も手に入っちゃう品こそ、こうやっていくぶんこだわるといった毎日の生活が楽しくなるのかもしれませんね。

コメント

コメントを受け付けておりません。